ブライダルフェアの予約変更方法とキャンセル方法

ブライダルフェアの予約変更方法とキャンセル方法

2週間後の日曜日に彼氏と日程調整して、フルコース試食会と模擬披露宴とプランナー相談会が体験できるブライダルフェアに参加しようと思っていたけど彼氏が急遽、緊急の仕事が入ってしまい泣く泣くキャンセルしなければいけなくなってしまった……参加費がかかるイベントだったらキャンセル料などを払えば良いですが、多くのブライダルフェアは参加費が無料です。後ろめたい気持ちになる方が大半ではないでしょうか。ここでは、そんな時に活用できるブライダルフェアの予約変更方法とキャンセル方法を具体的な事例と共に紹介します。今すぐチェック!

ブライダルフェアの予約変更方法

ブライダルフェアの予約を変更するには結婚式場に連絡するだけでOKです。ただし、注意点が1点あります。結婚式場はブライダルフェアと結婚式を挙げるカップルの予定がたくさん入っています。そのため、「◯月◯日に予約している◯◯です」だけでは結婚式場側で誰か分かりません。また、同姓の人はたくさんいるので両家の性と予約日時を伝えれば日程変更の相談が可能となります。変更理由を詳しく確認してくることはありません。彼氏が参加できなくなった、2人とも都合がつかなくなったなど、ありのままの内容を伝えるようにしましょう。※マナーとして前日までになるべく連絡できるようにしましょう!

彼氏と代替日を調整した上で連絡すると日程変更がスムーズに行なえますよ!

ブライダルフェアのキャンセル方法

キャンセル方法も上記と同じ要領で行えます。彼氏の両親が入院してしまった、緊急の長期出張で代替日程を決めることが現実的にできない、他にもっと良い式場の情報を聞いたので先にその式場をチェックしたくなった、など代替日を決めることができない理由がないなら、キャンセルせずに別日でブライダルフェアに参加してみてください。ブライダルフェアをキャンセルする時の3つの連絡パターンの記事で紹介している通り、キャンセルするなら分かった時点で早めに電話で連絡しましょう。式場側も参加者のために事前準備をしてくれているので遅くても前日までにキャンセルの連絡をするようにし、当日キャンセルは止めましょう。

無料で参加できるブライダルフェアにキャンセル料が発生するケースはほぼないと思って大丈夫です。
ブライダルフェアの無料試食会のメリットや選ぶコツ、お得に参加する方法など試食会に関する情報を総合的に紹介しています。無料試食会への参加を考えている方は今すぐチェックしてみましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアの予約変更方法とキャンセル方法を紹介しました。もし、式場に連絡してキャンセルするのが難しいと思ったら彼氏にサポートしてもらうのもありだと思います。都内の式場はメールサポートの体制も整っているので、メールで連絡してしまうのもひとつの手段と言えます。ブライダルフェアの予約を変更したりキャンセルする時の参考にしていただければ幸いです。

https://bridal-research.jp/article-340

ランキングをチェック♪