ブライダルフェア予約前に決めておきたい3つのポイント

ブライダルフェア予約前に決めておきたい5つのポイント

ブライダルフェア予約前に決めておきたいポイントはたくさんあります。中でもここで紹介する3つのポイントは重要で、最低限これだけは決めておかないとブライダルフェアでチェックすべきポイントにブレが生じてしまいます。

ブライダルフェア予約前に決めておきたい3つのポイント

ブライダルフェア予約前に決めておきたいポイントは、立地・予算・人数・日取り・駅チカを優先するのか、といった点です。順に詳しく紹介していきます。

結婚式予算・人数

結婚式予算は式場選定でもっともキーとなってくるポイントです。予算が決まっていないと『あれもしたい』、『おしゃれな最高級ホテルで挙げたい』といったような感じで、すぐに数百万円の出費となってしまいます。ゲストハウスウェディングやご祝儀以内で挙げられる結婚式の形も増えてきました。まず、新生活、ハネムーンなどの出費、招待する人数に対してのご祝儀の収入も踏まえた上で予算を立てましょう。両親からもらえるお祝い金も考慮して決めましょう!

地域によっては結婚式は盛大に挙げる風習があります。両親から盛大に祝いたいと言われたら、大まかな予算を計算して不足分の援助をお願いするようにしましょう。

招待人数で式場も変わってきます。30人から50人ぐらいだったら独立型チャペルが一緒になったレストランウェディングも可能となります。しかし、数百人規模の結婚式ともなると、アットホーム感溢れるレストランウェディングという選択肢はなくなり、専門式場やホテルウェディングとなってきます。ここも事前に決めておきたいポイントです。

立地、駅チカを優先するか?

次に重要なのが立地です。誰からも人気がある立地といえば、新幹線や飛行機に乗れる駅から一本で行けて駅チカな結婚式場です。誰もがそのようなゲストに喜ばれる結婚式場で式を挙げたいと思いますが、駅近で立地の良い挙式場は費用が高い場合が多いです。そのため先立つ予算が少ないと立地も妥協せざるを得なくなります。なんとしても立地が最優先の場合は、予算を気にせず好立地なし騎乗を選ぶと良いですが、もし予算に限りがあるのなら披露宴で出す婚礼料理や演出が極端に寂しくなってしまう可能性もあります。どこを最も重視するのかを予め話し合っておき、バランスの取れた式場を選ぶと良いです!

同じように立地の良い式場でも場所によっては金額が異なります。ブライダルフェアでは見積もりを出してもらえるので複数会場のフェアに参加して見積もりを比較しましょう!
結婚式の見積もりの正しい見方と注意すべきポイントについて紹介しています。ブライダルフェアへ行く前やブライダルフェア予約前にチェックしましょう!

日取り

日取りをある程度決めておきましょう。結婚式を挙げる時期で人気があるのは、3月から5月のポカポカ陽気の温かい季節、暑さも一段落した9月後半〜11月です。極端に暑い夏と冬は、参列者にも負担が大きいため一般的に人気がない時期となります。また、ブライダルフェアで式場を決める段階なのに、来月すぐに結婚式を挙げたいという要望は複数会場の見積りを比較できないので価格も高くなりやすく、おすすめできません。一般的に人気のない時期だと割引率が高かったりプラスαの特典がついてきたりします。結婚式費用をできるだけ節約したいのなら真夏や真冬の時期に挙げると良いでしょう。

上記3つのポイントが確認できたら早速ブライダルフェアを予約しましょう。ハナユメでブライダルフェアを予約すると、フェア参加件数に応じてお得な商品券がもらえます。さらにハナユメ独自の割引サービスも受けられ通常よりも安く結婚式をあげることも可能♪ぜひチェックしてみてくださいね。

ハナユメで予約

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェア予約前に決めておきたい3つのポイントを紹介しました。これ以外にも重要なポイントはありますが、ここで紹介した5つのポイントをしっかりと決めておくのはマストと言えます。