ブライダルフェア予約なら店舗とネットどっちがいいの?

ブライダルフェア予約は店舗とネットどっちがいいの?

ブライダルフェアの予約方法として結婚情報雑誌、店舗、式場へ直接予約、結婚式場情報検索サイトからのネット予約、街のブライダルカウンターの5つの方法があります。いくつかある中でどの方法が良いのか、どの方法が自分に合っているのかわからないですよね。特に店舗とネットでどちらが良いのか迷っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回はブライダルフェア予約をするときに店舗とネット、どちらが優れているのか、それぞれについてメリット・デメリットを紹介します。今すぐチェック。

店舗予約とネット予約のメリット・デメリット

店舗予約の場合

ハナユメ(旧称:すぐ婚navi)ウエディングデスクやゼクシィ相談カウンターなどの店舗で予約する場合のメリットは、「予約の手間が省ける」点が大きいです。ゼクシィ相談カウンターでは予約後のキャンセルも代行で行ってくれるので面倒な結婚式場への連絡も不要。式場の選定なども任せることができたり、人気の結婚式場のブライダルフェアも特別に予約ができたりします。
逆に店舗で予約する場合のデメリットはわざわざ店舗に来店しなけらばならない点と紹介できる結婚式場が限られているという点です。仕事などで忙しい方には少しハードルが高いかもしれません。ほとんどの店舗に共通していますが、事前に来店日時を決めて予約しなければいけないので空いた時間に自由に手軽にフラッと相談することができませんさらに店舗へ行くと2時間くらいは拘束されるので少し面倒。店舗では契約がない会場を紹介することはほぼないので、紹介されなかった会場でも二人に合った結婚式場がある可能性があります。また薦められると嫌でも断れなかったりする可能性もあります。

自分達で主体的に決めるのが性に合っているカップルならネット予約をしましょう!

ウエディングデスクを予約する

情報サイトが運営する店舗型の相談デスクの特徴をまとめて紹介しています。合わせて参考にしましょう!

ブライダルフェア予約ができる結婚情報サイトの相談デスクをまとめて紹介しています。それぞれの相談デスクのメリットデメリットをチェックしましょう!

ネット予約の場合

ハナユメマイナビウエディングなど結婚式場情報サイトでブライダルフェアを予約する場合のメリットは、ネットで簡単、24時間いつでも予約可能、複数の情報サイトを比較して自由にブライダルフェアを選ぶことができるという点です。忙しくてもネットで時間をかけずに選ぶことができ、仕事の休憩時間や帰宅中の空き時間に予約することも可能です。また、多くの結婚式場の中から自分の気になる式場を周りを気にすることなく自由に選ぶことができるのもメリットです。

ネットからブライダルフェアを予約・参加すると参加件数に応じて最大3万円の商品券がもらえたりネット予約限定のうれしい特典も多数あります。

ブライダルフェアに参加するともらえる商品券をゲットする方法ならこちらの記事!

ブライダルフェアの商品券特典キャンペーンについて、各社キャンペーンの最新情報とお得に商品券を貰う方法などを紹介しています。本当にお得な情報と商品券をGETしたいなら今すぐチェック!

ネットで予約する場合のデメリットといえば、数が多すぎて選びきれなくなるという点です。自分たちで探さなければならないので意見が食い違って決めれずに時間が経ってしまうこともあります。そんな時は周りの友人や家族に相談したり、店舗のアドバイザーに相談するのもひとつの手段として良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェア予約は店舗とネットでキャンペーンが異なるケースもあります。例えばの話ですが、街にある保険の窓口のようにその日に紹介すれば店舗側がもっとも利益率が高い商品をおすすめされるケースもあります。たしかに多くのカップルから人気があって良い式場ですが、様々な選択肢から選びたいと考えるカップルだったら断然ネット予約がおすすめですよ。