レストランウェディングのメリットとデメリット

レストランウェディング

レストランウェディングのメリットとデメリットを紹介します。結婚式場のスタイルは時代とともに多様化しており、従来のホテルウェディング、専門式場ウェディング、レストランウェディング、ゲストハウスウェディングなど多種多様なニーズを満たす結婚式が開催されています。ここでは、少人数の挙式にも最適なレストランウェディングを検討する時に役立つ情報を紹介していきます!

レストランウェディングとは

レストランウェディングはレストランを貸し切ってアットホームな雰囲気で結婚式を挙げることができるタイプの式場を指します。最大の特徴は通常営業しているレストランを貸し切って開催するケースが多いので、出来たての本格的な披露宴料理をゲストに提供できる点です。一棟のビルに挙式場とレストランが別フロアに設けられている会場もありますし、レストランウェディング専用会場として運営、結婚式がない日は一般レストランとして開放していてチャペルとレストランが一体となったような式場も存在します。

大切な親族・恩師・友人を招待して貸切レストランであったかい雰囲気の中で友人の前で結婚を宣言する人前式タイプの結婚式も増えてきています。

レストランウェディングのメリット

レストランウェディングのメリットを順に紹介していきます。レストランウェディングは節約したいカップルが選択する、ケチっぽい印象を与えてしまう、結婚式費用を安上がりにしようと思っている、という印象を持つ方もいますが、そんなことはありません。レストランウェディングのやり方次第でかなり高くついてしまうケースもあります。

凝った演出を実現可能

凝った演出も実現可能となっています。アットホームな雰囲気を演出してゲストをもてなすこともできます。また、形式的な婚礼料理ではなくオリジナリティが高い料理やゲストの好き嫌いに合わせてメイン料理を変更してもらったりすることも可能です。

料理が美味しい

従来の披露宴料理は婚礼用に作ってあるので若い人から高齢の方まで楽しめる味付けや食材を使用しています。また、披露宴会場のそばに調理場がないケースが多く出来たて熱々の料理を楽しめない可能性もあります。しかし、レストランだったら調理場から席までの距離が近いので一気に全員分の料理を盛り付けしなくても提供可能なので圧倒的に料理のクオリティが高くなります。また、新郎新婦オリジナル料理の相談、行きつけレストランだったら新郎新婦が大好きな料理をゲストに楽しんでもらうこともできます。

一般的な披露宴料理は洋食が中心となりますが、和食の提供やゲストに合わせた料理を提供することができます。

レストランウェディングのデメリット

レストランウェディングのメリットと同じぐらいデメリットが存在します。全ての商品・体験にはメリットデメリットや大なり小なり欠点が存在します。両方の視点からチェックすることで最適な決断を下すことができます。

参加人数が多いと開催できない

レストランを貸切にして開催するため、80名以上のゲストがいると開催が難しくなります。新郎新婦がそれぞれ友人だけで30名ぐらい招待すると開催が難しくなる可能性があります。たくさんの恩師や友人を呼びたいと考えるならレストランウェディングは適しません。参加人数の上限に限界がある点がレストランウェディングの最大の欠点といえます。

やり方次第で安っぽくなってしまう

レストランウェディングのやり方次第では安っぽくなってしまう可能性があります。ただし、ご安心ください。ゲストが安っぽい結婚式と感じる一番の要因は披露宴料理です。冷めた料理が出たり、味が気の利いた温泉宿レベルというケースで安っぽいと感じます。レストランは味や出来たて料理が魅力的なので段取りを詰めていなかったり、結婚式費用を安く抑えようとして料理内容をケチらなければ問題ありませんよ!

レストランウェディングのよくあるQ&A

レストランウェディングについてよくあるQ&Aについて紹介します。

レストランウェディングの準備期間は?

レストランウェディングの準備期間は、専門式場やホテルウェディングと変わりません。早ければ早いほどよく1年前から式場探しを始めると良いでしょう。人気がある日取りのGW明け・6月、9月後半〜11月の土曜日の午後などは、日程を抑えるのがとても難しいです。レストランウェディングは、会場スペースが限られているので最高の場所を見つけたけど招待予定の参加人数が収容不可というケースも往々にしてあります。気に入ったレストランを見つけても周りの雰囲気がイマイチだったということもあるので、準備期間に余裕を持って臨みましょう!

少人数挙式・家族のみの結婚式にもおすすめ

レストランウェディングは50名以下の結婚式、家族のみの結婚式にもおすすめとなっています。チャペルとレストランが一体となっている式場だったら、少人数の大切な方だけを招待して披露宴の時間を多めにして食事と会話を楽しむコミュニケーション主体の結婚式を挙げることもできます。また、専門式場やホテルウェディングだと高額になりやすい家族のみの結婚式も安価にリーズナブルに挙げることができます。

レストランウェディングは柔軟性が高くオリジナリティを追求することができるタイプの式場としてもおすすめです。ただし、レストランウェディングを大成功させるには担当者との綿密な打ち合わせが欠かせません。専門式場だったら当たり前の設備が整っていないケースもあるのでご注意ください。

レストランウェディングの司会進行は?

レストランウェディング専用の会場だったら会場設備も整っているので司会進行者の司会台も準備されています。通常の披露宴同様、専門の司会進行の方を手配すると良いでしょう。司会進行の方を手配すると一般的に5万円から15万円の費用がかかります。

レストランウェディングに心付けは必要?

専門式場やホテルウェディングだとスタッフへの心付けなどは原則不要ですが、レストランウェディングだと心付けを渡したほうが良いの? と考えるカップルも少なくありません。基本的にレストランウェディングでも心付けは不要です。それらの費用も見積りに含まれていると考えるようにしましょう。どうしても気になるのなら担当者と見積りを作成している時にストレートに心付けが必要か聞くと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。レストランウェディングを検討する上で役立つ情報をまとめて一覧で紹介しました。レストランウェディングならではのメリットデメリットを踏まえた上で理想の結婚式を挙げましょう。一生に一度の結婚式だから悔いのないように!
当サイトでおすすめしている結婚式場検索サービスの利用も検討してください。ゼクシィやハナユメから申し込むとお得な商品券プレゼントを手に入れることもできますよ!
お得なキャンペーンで商品券がもらえる結婚式場申し込みサイトのおすすめランキングもチェック!

ランキングをチェック♪