結婚式の試食会完全マニュアル!披露宴の料理は必ずチェック

結婚式の試食会完全マニュアル!披露宴の料理は必ずチェック

結婚式の中で披露宴で提供される料理は出席したゲストのもっとも重要な関心事です。二人の最高に幸せな笑顔を見てお祝いするだけでも十分に参加した価値がありますが、披露宴料理の満足度はゲストの結婚式に対する満足度に直結します。そのため美味しい披露宴料理が提供することは大切です。ここでは、結婚式の試食会の重要性や参加方法などを中心に紹介していきます。

結婚式の試食会とは

結婚式の試食会は、ブライダルフェアや式場下見のときに式場から提供される婚礼料理のことです。本番で提供される料理を試食会用に用意してくれており、結婚式場を決める前に料理を味見することができます。ブライダルフェアや式場によって試食会の内容は異なりますが、ワンプレートやハーフコース、フルコース、スイーツ盛り合わせなどが一般的です。ブライダルフェアでは契約前に料理の味をチェックできる唯一のイベントとなっており、料理重視の方は特に参加して欲しいイベントです。
料理が美味しくない、費用を抑えるためにかなりチープで安い披露宴料理のコースを選んでしまった、という事態に陥らないようにすることも、結婚式の試食会の役割の一つです。参加してくれたゲストに幸せな気持ちで帰ってもらうためにも複数式場の試食会に参加して、比較・検討することはとても重要です。

披露宴料理が絶品で有名なホテルやレストランは数多く存在します。誰もが太鼓判を押すような結婚式場だったら最悪、試食をしないブライダルフェアに参加しても問題ないと思います。

結婚式の試食会完全マニュアル

ここでは結婚式の試食会についての完全マニュアルを紹介します。

試食会は無料?

結婚式の試食会はブライダルフェアで一緒に提供される体験型のイベントです。有料の試食会も存在しますが、原則、ブライダルフェアの試食会は無料です。ブライダルフェアの試食会は式場によって内容が異なりますが、ワンプレートやデザートなど料理の一部だけを提供してくれる場合はたいてい無料試食会が多いです。一方でフルコースやハーフコースなどある程度ボリュームがあり全体的に料理を提供してくれる場合は有料試食会になることがあります。ただ、有料といっても通常20,000円のコースが2,000円になったり、ほぼ半額以下の価格で食べることができます。
また、結婚式場によってはフルコースの無料試食会付きブライダルフェアを開催しているところもあります。もし、お金を使わずにフルコース料理を試食したい場合は当サイトで各エリアのフルコース無料試食会を提供する式場を紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

⇒⇒東京でフルコースの無料試食会を開催する結婚式場はこちら!

披露宴料理を全部試食できる?

試食会なしのフェアもたくさん開催されています。コース料理の一品が試食できたり、フルコースでなくハーフコースの試食会もあります。披露宴で提供される料理をそのままフルコースで全部食べられる試食会はほとんど存在しないと思って良いでしょう。しかし、披露宴会場の雰囲気を確認した上で料理の味見をして、写真でメニューを比較すれば十分なクオリティチェックが可能となります。

  • フルコース試食会……実際の披露宴と同じ料理を楽しむことができます。四半期に一度の大型ブライダルフェアなどで提供されることがあります。こちらの形式で試食会を提供しているケースは少ないです。
  • ハーフコース試食会……披露宴料理の一部の数種類の料理を半分の量で提供されます。こちらの形式の試食会を提供している式場も多く存在します。
  • ワンプレート試食会……スプーンに披露宴料理のフルコースを一口分のせてワンプレートで提供されるパターンです。それぞれの料理を味見することができます。
  • 前菜のみ試食……披露宴料理の前菜のみ提供される形式です。実際に披露宴で提供される前菜と同じ量なのでかなり参考になります。

当サイトの編集スタッフで結婚を控える女性が参加したブライダルフェアは、1会場が一品料理を試食。もう1会場は試食なしのフェアでした。試食会なしの式場は、オープンキッチンでレストランが発祥の専門式場だったので味の評判や口コミがとても良かったので、試食会なしでも問題ないとのことでした。ブライダルフェアの体験レポートも一緒に合わせてチェックしてくださいね♪

⇒⇒シャルマンシーナ東京の試食会レポートはこちら

⇒⇒リビエラ青山のブライダルフェアレポートはこちら

試食会の服装は?

結婚式の試食会の服装は基本的に自由です。結婚式場だからと言って、スーツを着ていく必要はありません。普段のデートで来ていくようなフォーマルすぎず、カジュアルすぎない服装がベストです。また、ブライダルフェアでは試食会だけでなく、模擬挙式や模擬披露宴、ウェディングドレス試着会なども同時に体験できるフェアが多いので動きやすい服装を着ていくといいでしょう。一方で、ダメージジーンズや上下スエットなどのあまりにラフな服装は、担当プランナーから冷やかしと思われてしまう可能性もあるので、ご注意くださいね。

⇒⇒ブライダルフェアの服装について詳しくはこちら!

試食会のキャンセル料は?

ブライダルフェアの試食会のキャンセル料は発生しません。しかし、当日のドタキャンは式場側に大きな迷惑をかけることになりますので、キャンセルする場合は前日までに必ず連絡しておきましょう。

試食会に参加するならハナユメがおすすめ

ハナユメ商品券
結婚式の試食会に参加するなら、ハナユメで探すのがおすすめです!ハナユメでは全国の結婚式場のブライダルフェアを紹介しており、通常の試食会はもちろん、ハーフコースやフルコース試食会のブライダルフェアも多く紹介しています。ハナユメからブライダルフェアを予約すればお得な商品券がもらえるのでぜひハナユメから探してみてくださいね!
ハナユメは当サイト経由で申し込むと特別タイアップキャンペーン中で条件クリアで全員もらえる40,000円の選べる電子マネーギフト券がゲットできます。さらに抽選で60,000円が当たるダブルチャンスキャンペーンも開催中です! 最大10万円のギフト券がもらえる!あなたのために贈るハナユメだけのスペシャル特典です。こちらのリンクからのお申込みが対象です。

ハナユメで予約

ブライダルフェアで披露宴料理の見積りを

結婚式の見積り確認のタイミングでコースの内容や料金を写真付きで確認することができます。一般的な式場の披露宴料理は一人あたり1万円から2万円中盤と思っておきましょう。3千円〜5千円感覚で料理の種類が増えて料金が上がっていきます。もっとも安いコースだと少ない印象を受けるケースが多いので、ワンランク・ツーランクアップした料金で見積りを取るようにしましょう。結婚式の見積りと実際にかかる費用で大きく差異が出やすいポイントが、参加人数と料理のグレードです。最初の見積りでグレードを上げておけば、後で結婚式費用が高くなりすぎたという問題点を解消することができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。結婚式の試食会に参加する時に役立つ情報を紹介しました。披露宴料理は結婚式の印象を左右する重要なものです。試食会に参加するには各式場が開催しているブライダルフェアに申し込む必要があります。まずはハナユメなどの結婚式場紹介サイトでお得に申し込んで、ステキな料理を提供する式場を見つけてくださいね。

⇒⇒最大4万円の選べるギフト券をゲットするならこちらからキャンペーンにエントリーしましょう!