結婚式場探し前にブライダルチェックを受診する理由と費用

結婚式場探しの前にブライダルチェック?受診する理由と費用

付き合っている彼にプロポーズされて結婚することになったらまず最初に、両親へ結婚報告をしますよね。その後結婚式場探しや新居探しなどをするのが一般的な結婚準備の流れです。しかし、最近では周囲への結婚報告の前にまず行うこととして、「ブライダルチェック」という検査を受けるステップを踏むカップルがいます。ではブライダルチェックとはどういうものなのでしょうか?そこで今回はブライダルチェックを受診する理由、費用について紹介します。

ブライダルチェックとは

ブライダルチェックとは、自分の体が健康であるかどうかを結婚前に確認するために受ける検査の事、または自分の体が妊娠・出産できるかどうかを結婚前に確認するための検査のことをいいます。ブライダルチェックを受ける方は後者を目的に受けることが多いです。検査内容は問診、内診、血液検査、HIV検査、風疹抗体検査、梅毒検査、クラミジア抗体検査、尿検査、超音波検査など自分の気になる検査をオプションで受けられます。女性の場合は産婦人科で男性の場合は産婦人科と泌尿器科で受診可能です。

ブライダルチェックを受診する理由と費用

近年晩婚化が進むにつれブライダルチェックを受ける方が多くいます。結婚が遅くなるということは妊娠・出産も遅くなります。一般的に35歳を過ぎると高齢出産といわれ、妊娠・出産に対するリスクが大きくなります。先天性疾患を持った子どもが生まれてきたり、流産率が高くなったり、出産する体力がなくなったり、そもそも妊娠率が下がったり。様々な弊害が起こりやすくなります。若い頃は男性も女性もお互い妊娠・出産についてほとんど心配せず気にせずに済んだことでも、遅めの結婚になると子供が作れるのかどうか心配するカップルが増加しているためブライダルチェックを受診する方が増えているのが現状です。子どもを作ることができる体か否かで結婚を考える人がいるのも事実です。そのため自分の体は妊娠や出産をしても大丈夫か、性病を患っていないかを結婚前にしっかり確かめておきたいという理由だけでなく、結婚をするかしないかの判断材料として利用するという理由もあります。
また、ブライダルチェックに掛かる費用はだいたい2〜3万円です。検査する項目が増えれば増えるほど受診料は高くなりますが、だいたいこの金額です。男性の場合は女性より5000〜1万円ほど安くなるケースが多いです。

ブライダルフェアに参加しよう

ブライダルチェックを受けて、お互い問題なく子どもを作ることができる体であることが証明できたら、両親などに結婚報告をしましょう!そして結婚報告をした後はすぐに結婚式場探しです!ハナユメやマイナビウェディングの結婚式場検索サイトから気になる結婚式場を探してブライダルフェアを予約しましょう。ブライダルフェアに参加すると結婚式全体の雰囲気をつかむことができ、式場のプランナーとの相性が分かったり結婚式の見積もりももらえます。気になる結婚式場であれば何会場でも回ることができるので比較検討できるのもメリットです。結婚式場を探すならまず気になった式場のブライダルフェアに予約して参加してみましょう♪

ブライダルフェア予約ならハナユメがおすすめ!こちらの記事をチェックしてみてね。

ハナユメの特徴や口コミ評判、ゼクシィとの違い、ブライダルフェアキャンペーンのお得な特典などを紹介しています。ハナユメとゼクシィどっちがお得?ブライダルフェア特典の商品券はいくらもらえる?ハナユメついての情報を詳しく載せているので要チェックです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はブライダルチェックについて紹介しました。日本では晩婚化が進み、妊娠・出産へのリスクが高くなっているため最近知られてきています。恋愛結婚ではなくお見合い結婚のカップルの場合はブライダルチェックをすることが多いともいわれています。ただ、この検査はネガティブなものではなく本来は自分の体が健康であるかを確認するためのものなので、結婚する前にチェックしておくのもいいと思います。ぜひ参考にしてみてくださいね。

2人の理想の結婚式を挙げるためにもっとも重要なのが結婚式場です。頭では分かっているけど初めてのことだから選び方のコツやポイントが分からない…...