少人数結婚式のブライダルフェア参加で注意すべき3つのこと

少人数結婚式を希望する場合のブライダルフェアでの注意点

今までお世話になった大切な家族、友人のみを招待する少人数結婚式は、アットホームな雰囲気の中で日頃伝えられない感謝の気持ちを思う存分伝えることができます。また、費用が抑えられるメリットもあるため少人数結婚式を挙げようと考えている方も多いのではないでしょうか?日本全国の多くの式場で少人数結婚式向けのブライダルフェアを開催しています。ただし、50人以上招待する結婚式とは違って少人数結婚式を希望する場合にブライダルフェアで気をつけておいたほうが良い点があります。そこで今回はブライダルフェアに行った時の注意点を紹介します。

少人数結婚式を希望する場合の注意点

少人数結婚式を希望する場合の注意点

挙げられる挙式場・披露宴会場はどこかを聞いておく

少人数でも挙げられる挙式場や披露宴会場があるか、ある場合はどこが利用できるのかを聞いておきましょう。大抵の式場の場合、いくつかの挙式場が備わっており、日程が合えば好きなチャペルを選んで挙式を挙げることができます。ただ、チャペルの収容人数が50名〜とか60名〜と書いてある場合があり、人数が少なすぎると利用NGになってしまう可能性もあります。そのため、ブライダルフェアに参加したときに気に入った挙式場や披露宴会場が少人数でも利用することができるかを必ず聞きましょう。

大人数向けの会場でも希望する日程の式場が空いていれば、基本的に少人数でも利用することができます。式場が空いているなら人数で式場側から断られるケースはほぼないといって良いでしょう。

少人数の結婚式ならレストランウェディングもおすすめです。チャペルつきの式場だったらなお良しです。アットホームな雰囲気で最上級の披露宴料理を提供することができます。ゲストの満足度を飛躍的に高めることができます。ゲスト一人ひとりに合わせた格別の料理を提供できるメリットもあります。

レストランウェディングのメリットとデメリットについて紹介しています。今すぐチェックしましょう!

少人数結婚式に積極的な式場かを見極める

少人数結婚式に積極的な式場かどうかも見極める必要があります。少人数結婚式(少人数ウェディング)向けの結婚式を開催している式場であれば問題ありませんが、少人数結婚式を開催していない場合は少人数で結婚式を挙げたいと考えていることをプランナーに伝えどのような提案をしてもらえるかをしっかり見ておきましょう。また、広い式場や大人数が収容できる披露宴会場が魅力の式場の場合、10数名のみの結婚式だと、ポツンと寂しい雰囲気になる可能性もあります。ブライダルフェアに参加時に会場見学があれば自分たちが招待する人数の場合どんな雰囲気になりそうかイメージしておくと理想と現実で大きく変わらずに決めることができます。

ブライダルフェアへ参加する時必ず聞くべきことはこちら!

ブライダルフェアに行ったら確認すべきポイントについて5つ紹介しています。ブライダルフェアに行く前にチェック!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は少人数結婚式を希望する場合のブライダルフェアでの注意点について紹介しました。一生に一度の結婚式なので自分たちが納得する式場で挙げたいですよね。そのためにはブライダルに参加するだけではだめです。ブライダルフェアで聞くべきことをしっかりメモし、有意義な時間にしてくださいね。

ブライダルフェアの予約をするなこちらからベストなサービスを選んでくださいね!

ランキングをチェック♪