意外と知らない!結納と顔合わせの違いを分かりやすく解説

意外と知らない!結納と顔合わせの違いを分かりやすく解説

彼との結婚を決めたら、まず真っ先に行うのが両親への結婚報告です。お互いの両親に二人で挨拶に行き、結婚の決意表明をします。無事承諾を得たら次にすることが結納・顔合わせです。今後長い付き合いをしていくために非常に重要な行事で、地域や家によって習わしやしきたりがあるので両家が納得する形で行わなければなりません。ところで、結納と顔合わせの違いはご存知でしょうか?初めての方は特に知らない人も多いと思います。そこで今回は結納と顔合わせの違いについて分かりやすく紹介します。

結納や顔合わせをするタイミングはこの記事をチェック!

報告・新生活準備において6ヶ月前から結婚式当日までのスケジュールを紹介しています。結婚式当日までのスケジュールがイメージつかない方はぜひチェックしてみてくださいね!

記事の目次チェックもおすすめ♪

結納とは

結納とは二人が結婚することを公の場で約束する儀式のことで、古くから行われている日本の伝統文化でもあります。男性が女性との結婚結婚に対する誠意を示すことで女性側の両親や本人に安心してもらうためのものです。そのため、一般的に結納は男性側が女性側の家に結納金を含む結納品を納めます。本来の伝統的な結納「正式結納」は普通、仲人が両家を行き来し、男性側から結納品を預かり、女性の家へ届けるため両家は顔を合わせないのですが、現在は両家がある場所に集まって執り行う、もっとカジュアルなスタイル「略式結納」で行われていることが多いです。
略式結納は料亭や結婚式場、ホテル、レストランなどで両家の両親と本人たちで行われます。略式結納に関しても両家で話し合い、どのような形で行うのかを決めます。例えば仲人を立てるか立てないか、結納品の有無もしくは結納品の項目、結納金の有無など。

結納金は平均50〜100万円となっています。ただ、現在は結納を行う場合でも結納金を納めないこともあり、両家や地域によって異なります。

顔合わせとは

顔合わせは結納とは異なり、結納金・結納品の受け渡しはありません。基本的に両家の親睦を深めることが目的で開催され、料亭やレストランなどでカジュアルに行われます。結納をしない方は顔合わせをする場合が多く、両方する場合やまれに両方しない場合もあるようです。
時代の変化によって現在は、古い習わしやしきたいりを重んじる家が少なくなりもっとカジュアルに楽しい雰囲気で開催できる顔合わせが人気となってます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は意外と知らない、「結納と顔合わせの違い」について紹介しました。関東では結納品の結納返しがあるのに対し、関西では結納返しがないなど地域によって全く異なり、家によってもスタイルが異なる結納。一方で決まった流れや形式的な儀式ではなく自由なスタイルで楽に行える顔合わせ。どちらが良いというわけではありませんので、両家で話し合って決めましょう♪
結納や顔合わせが終わったら結婚式場を探しましょう!結婚式場探しならブライダルフェア予約もできる結婚式場検索サイトがおすすめです。こちらをチェック!

ランキングをチェック♪