結婚式の6ヶ月前から準備すべきことと当日までのスケージュール

6ヶ月前から結婚式当日まで基本的にどんな準備をすればいい?

彼にプロポーズされて、結婚式場を探し始めているあなた。初めての結婚式なのでどんなスケジュールで結婚準備をしたら良いのかわからないですよね。一般的に結婚式場は6ヶ月前から見ておくと焦ることなくゆっくり準備をすることができます。今回は6ヶ月前、4〜5ヶ月前、2〜3ヶ月前、1週間〜1ヶ月前、前日〜当日の5つの時期に分けてそれぞれ基本的にどのようなことをすれば良いのか紹介します。

6ヶ月前に準備しておくべき4つこと

  • ブライダルフェアに参加する
  • 式の日取りを検討する
  • 招待客の大体の人数と大体の予算を決める
  • 仲人や媒酌人を決め、依頼する

まず6ヶ月前は結婚式場をネットや雑誌で探し始めておきましょう。まだ決める必要はないですがどんな結婚式場があるのかリサーチしておくと後々焦らずに済みます。気になる式場がある場合はブライダルフェアをネット予約して実際に訪れてみましょう。結婚式のイメージが湧き、どんな雰囲気でやりたいのか想像つきやすくなります。なかなか自分たちで決められない場合はブライダルデスクを利用するのもありです!
また、式の日取りを検討するのも6ヶ月前にしておいたほうが良いです。それと同時に招待客のおよその人数を決め、大体の予算も決めておきましょう。仲人もしくは媒酌人を決めるのは早めのほうが良いのでこの時期に決定し大まかな日取りが決まった時点で依頼しておきましょう。

ハナユメのウエディングデスクに行った時の記事はこちらをチェック!

口コミで評判のハナユメ結婚式相談ウエディングデスクの感想と評価を紹介しています。実際の体験談を包み隠さずリアルに書いています。メリット・デメリット、店舗一覧も紹介。ぜひ参考にしてください。

4〜5ヶ月前に準備しておくべき4つのこと

  • 会場を正式に契約する
  • 招待状リストを作成する
  • 手作りグッズを作り始める
  • ウェディングドレスの下見を始める(オーダードレスは発注する)

4〜5ヶ月前には結婚式場を決め正式に契約するのがおすすめです。式場が決まってからもやることがたくさんあるので、決められずにズルズル時間をかけてしまうと後の準備が大変になります。早めに決めておくのがいいでしょう。またこの時期は結婚式に向けて制作物を作り始める時期です。招待状リストや当日会場で飾るグッズ、披露宴で流すムービーなど制作に取り掛かりましょう。ウェディングドレスもこの時期に見はじめて決めておくと良いです。

2〜3ヶ月前に準備しておくべき3つのこと

2〜3ヶ月前に準備しておくべき3つのこと

  • 司会者、スピーチ、余興などを依頼する
  • 招待状の発送
  • 結婚式の内容を決める

今では司会者は結婚費用に入っていることも多いですが、自分たちが選んだ司会者にしてもらいたい場合は2〜3ヶ月前には依頼しておきましょう。また、ゲストに招待状を送るのもこの時期です。早すぎても駄目ですし遅すぎても駄目です。ちょうどいいタイミングで送れるようにしておきましょう。さらに2〜3ヶ月前には結婚式の内容をはっきりと決めておく必要があります。どんな料理やケーキにするか、ドレスをどれにするか、アルバム・演出・引き出物・ブーケ・装花・ドリンクはどうするかなど具体的に決めましょう。

ブーケについてはこちらの記事をチェック!

結婚式で使うウェディングブーケの5つの種類を紹介しています。結婚準備中でウェディングブーケが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

1週間前〜1ヶ月前に準備しておくべき4つのこと

  • 席次表作成
  • 最終見積書を確認して結婚式費用を支払う
  • ゲストの貸衣装の確認
  • 遠方からの招待客の交通・宿泊の確認

1週間前〜1ヶ月前には披露宴の時の席次表を作成しておきましょう。参加前に必見!ブライダルフェアでよくある4つの質問に答えますの記事でも紹介していますが席次は大体決まっています。一般的な並び方で決めると良いでしょう。
結婚式場によって時期はバラバラですが、最終見積が出て結婚式費用を支払うのもこの時期です。そのときまでにお金を用意しておきましょう。またゲストの貸衣装の確認や遠方からの招待客の交通アクセスや宿泊施設の確認など確認すべきことははやめにやっておきましょう。

結婚式前日と当日に準備しておくべき7つのこと

  • 持ち込みグッズ、引き出物などの確認
  • 両親への手紙、謝辞原稿を作成する
  • 仲人もしくは媒酌人への挨拶、スタッフとの最終打ち合わせ
  • 心付けの準備
  • 持ち物チェック
  • 進行の確認
  • 両親への挨拶

結婚式前日と当日はほとんどすることがない状態にしておきましょう。前日になってあたふたと慌てても仕方ありません。前日当日にすることは基本的に結婚式の最終確認と挨拶です。両親への手紙や新郎のウェルカムスピーチ、謝辞などの原稿は直前に作成したほうが高揚感が高くなりイメージが付きやすいのでおすすめです。前日にはチェックを済ませて当日を迎えるようにしましょう。

前日に忘れがちなのが、仲人もしくは媒酌人、主賓に車代を用意したり、「明日は何卒よろしくお願いします」と挨拶すること。礼儀として大切なので忘れないようにしましょう!また、受付担当やお世話になる人にも電話やメールで一言声をかけるとベストです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は6ヶ月前から結婚式当日までの結婚準備について紹介しました。それぞれの時期で必ずこれをしなければならないというわけではありませんが、今回紹介したように進めると無理なく落ち着いて結婚式当日を迎えることができると思います。ぜひ参考にしてくださいね。まずはブライダルフェアに参加して結婚式探しから始めましょう。ブライダルフェア予約はハナユメがおすすめですよ!

ハナユメで予約