結婚式の見積りを比較する時のポイントと見積もりの見方

結婚式の見積りを比較する時のポイントと見積りの見方

ブライダルフェアに参加すると8割以上の確率で式場側から結婚式の見積もりを提示してもらうことが可能です。雰囲気、利便性、ゲスト満足度なども結婚式場を決める時のポイントに含まれますが、結婚式費用も大きなジャッジメントポイントになりえますよね。ここでは、結婚式の見積りを比較する時のポイントと見積りの見方、実際にかかる費用の考え方を紹介します。

結婚式の見積りを比較する時のポイント

結婚式の見積りを比較する時のポイントとして正しい見積りの見方を理解しておくと良いです。一般的にブライダルフェアで式場が提出する見積りはもっとも安い状態となっています。新郎新婦のこだわりにもよりますが、初期の見積りから100万円ぐらい費用が上がると認識しておくと良いでしょう。

100万円〜150万円が自己負担額。一般的な計算方法として1人あたり5万円〜6万円が一般的な結婚式費用の考え方です。※100人参加したら500万円〜600万円が結婚式費用。

挙式

一般的な挙式費用は結婚式費用の10%以下のウェイトを占めますが、曜日や日程などで大きく変動するケースもあります。人気がある日取りかつ人気がある会場を選択すると高くなるケースもあるので彼氏と日程を相談する時に候補日をいくつか持っておくと良いでしょう。ちなみにブライダルフェア当日に成約すれば会場費用を全額負担してくれるケースもありますので要チェックです。

参列者の人数が多くなればなるほど料理やドリンクのクオリティで見積りが変わってきます。料理のコース内容やドリンクが提供されるタイミングと種類、飲み放題メニューを増やした場合の費用などを確認しておくと良いでしょう。

披露宴会場やケーキ

会場の空室具合によっては料金が変動するケースもあります。ウェディングケーキも本物なのか、イミテーションなのかを事前に確認しておくとベストです。見積りの段階でプランナーにイメージを具体的に伝えれば伝えるほど見積りの精度が高くなっていきます。新郎新婦がちょっとした工夫だから費用が変わらないと考えていても会場側ではとても大変なことで費用が増える可能性が大いにあります。

衣装やヘアメイク

意外と抜けがちですが、タキシードとウェディングドレス、カラードレスはこだわればこだわるほど費用が上がっていきます。式場が提携しているレンタルウェディングドレスの平均価格を確認しておくと良いでしょう。親切な式場だったらウェディングドレス費用の下限と上限を提示してくれます。

ウェディングドレスは式場レンタルするとした場合、それ以外の衣装類の持ち込みが可能なのかを確認しましょう。別途持ち込み費用が発生する可能性もあります。レストランウェディングは持ち込み費用がほとんどありませんが、ホテルウェディングだったら持ち込み費用が発生する可能性があります。

アルバム、スナップ写真、映像など

アルバムやスナップ写真費用、映像制作にかかる費用なども事前に確認しておきましょう。式場によってはこれらの費用を初期見積りに含めないケースもあります。いくつかの式場見積りを比較する時に混乱してしまう原因になります。もし、細かいこれらの費用が抜けていたら費用を入れてもらった見積りを再度作ってもらうと良いでしょう。

ちなみに結婚式まで待ったなし!スピード婚なら仮予約をフル活用!という記事でも紹介していますが、仮予約を効果的に使うことで式場選びが効率的になりますが、式場によっては申込代金を5万円から20万円程度支払いますが、キャンセルしても戻らないケースがあります。十分に確認した上で仮予約することをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか。結婚式の見積りを比較する時のポイントと実際にかかる費用の考え方を紹介しました。ご祝儀で戻ってくるお祝い金を差し引いた実負担額と最初に支出する費用を分けて考えるようにしましょう。また、それぞれの式場で提出される見積りを簡単に比較できるように参列者の人数や日取りは同一条件で見積もってもらうようにしましょう。