大まかな結婚式までの流れを把握することが結婚準備に大事

大まか結婚式までの流れを把握することが結婚準備に大事

結婚準備は両家の両親の挨拶に始まり新居への引っ越しまでが一連の流れとなっています。ブライダルフェアで式場探し、日取り決定、参加者の検討、入籍、引き出物の準備、結婚式の演出決定、サポートしてくれる友人への配慮など、未経験のことばかりでとても大変です。しかし、全体を通してやるべきこと、決めるべきこと、担当者を決めてスケジュールを整理して着実にクリアしていけばそこまで大変なことばかりではありません。生涯の伴侶となることが決まった彼との夫婦の初めての共同作業という認識で進めていくと楽しいのではないでしょうか。(一般的にケーキ入刀を初めての夫婦の共同作業というケースも多いですが、多様性を持つ価値観が大切です。)

まずはブライダルフェアで式場見学から

ブライダルフェアの平均参加数は、4〜5会場といわれています。当然、一生の思い出に残る記念すべき結婚式なので後悔がないように徹底的に比較したいと考える女性は多いです。式場選びは直感も大切になってくるのでまず最初に気に入った式場を10箇所程度選ぶことをおすすめします。それをピックアップして見てみると、光が差し込む会場で明るく開放感がある、シェフこだわりの豪華料理が楽しめる、などの類似性が出てくるケースが多いです。10箇所選んだら彼氏と一緒にイメージをすり合わせるために相談しましょう。10箇所のブライダルフェアに参加するのはとても労力が大きいです。最大で5箇所のブライダルフェア参加に整理すると良いでしょう。最終的に2箇所だけ参加するといったような形でも問題ないと思います。もっとも大切なことは、2人でイメージを合わせて後悔がないようにすることが大切です。

ちなみに最初にピックアップした会場が2人にとってベストです。結婚式は何度もできるものではありません。そのため、最初にピックアップした会場は現在のライフスタイルや価値観に見合った会場といえます。もっと良い会場があるかもと思って再度会場を探すのはおすすめできません。短期間でなく仕切り直して半年後、1年後に再度結婚式場選びをするといったようなレアケースだったら、確実に再度結婚式場をピックアップする作業が必要となります。

結婚式の会場と日取りが決まったら担当プランナーと共に最高の結婚式を作るために綿密な細かい相談をしていきましょう。

結婚指輪を選ぶ

式場が決まったら結婚指輪を選びましょう。結婚指輪も結婚式費用の一部に該当するので早めに準備しちゃいましょう。結婚式場の提携メーカーなどで購入すると特典がついたり安くなるケースがあります。また、自分たちだけで別途結婚指輪ショップを訪れて比較するのも良いでしょう。3種類のブライダルリングショップの特徴を理解するべき理由という記事で紹介していますが、ブライダルリングショップの種類で結婚指輪の相場は異なってきます。結婚指輪は一生使うものなので2人で慎重に比較して選ぶようにしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。大まかな結婚式までの流れを最初に把握することで結婚準備をスムーズに進めることができます。まず、最初に決めるべきことは結婚式場の決定と日取りです。結婚式場が忙しい時期にブライダルフェアに参加するメリットデメリットという記事で紹介していますが、土曜日の午後イチスタートなどで挙式を始めたいという希望を持つなら人気の日取りなので、結婚準備期間を多めに設けて早々に会場を抑えてしまう必要性が発生します。ここで紹介した情報を元に式場選びを始めましょう!