結婚式場の繁忙期はいつ?ブライダルフェア参加の時期は?

結婚式場が忙しい時期にブライダルフェアに参加するメリットデメリット

結婚式場の繁忙期は結婚式を挙げたいニーズがもっとも高まる時期です。人気の結婚式場であれば、1年以上前でもすでに埋まっていることも多いのがこの時期。一方で、繁忙期は費用が上がる傾向にあり、あえて閑散期に挙式するカップルも増えています。結婚式場の一般的な繁忙期を知っておくと、賢く日取りを決めることができます。
そこで今回は結婚式場の繁忙期についてと、ブライダルフェアに参加するベストな時期を紹介します。

結婚式場の繁忙期

結婚式のピークは、過ごしやすい季節の春と秋だと言われており、それに伴って結婚式場の繁忙期も5月〜6月、10月〜11月にピークを迎えます。結婚式場の繁忙期に結婚式を挙げるなら半年以上前から予約しなければ難しく、人気の式場になればなるほど早めの予約が重要になります。特に新年度が落ち着いた5月、6月の大安・先勝・友引の縁起のいい日は人気となっており、最も予約が取りにくいのが土曜日の14時〜18時ごろです。遠方からの参加者も参加しやすく次の日休みの人が多いのでとても人気があります。
一般的に結婚式場の繁忙期は、通常よりも結婚式費用が高くなりやすいので、予算も考慮して日取りを決めるようにしましょう。

結婚式場の閑散期はいつ?

結婚式で比較的不人気な時期は、気候的に過ごしにくい夏と冬だと言われています。そのため結婚式場の閑散期は、7月〜8月の暑い時期と1月〜2月の寒い時期となっています。意外にも、大型連休の時期もあまり人気がなく、5月のゴールデンウィークや10月のシルバーウィーク、年末年始は空いている事が多く予約が取りやすいです。結婚式場の閑散期は、通常よりも割引特典が充実しており、安く結婚式を挙げられたり特別な演出を低価格でできたりとメリットがあります。また、仏滅や赤口、先負の縁起が悪い日や、翌日が平日の日曜祝日、9時〜12時のタイミングも予約が取りやすく、比較的安く結婚式を行うことができます。

真夏や真冬の時期に挙式をすると、新郎新婦はもちろんゲストへの負担にもなるデメリットもあります。しっかり考えてから決めるようにしましょう。

ブライダルフェア参加の時期

ここではブライダルフェアへ参加するベストなタイミングと予約しやすい時期について紹介します。

ブライダルフェア参加のベストタイミングは?

ブライダルフェアに参加するタイミングは、挙式予定日の6ヶ月前〜1年前までに行くのがベストです。一般的に6ヶ月前から結婚式準備を始めるカップルや夫婦が多く、気になった結婚式場のブライダルフェアへの参加は最低でも6ヶ月前に行うといいでしょう。また、ブライダルフェアの参加時期が早ければ早いほど多くの式場のフェアへ参加することができたり結婚式準備も早めに取り掛かれるのでメリットが多いです。ただし、6ヶ月以内にブライダルフェアへ参加しなければならない訳ではなく、挙式予定日の直前でも問題ありません。ハナユメでブライダルフェアを予約すれば、半年以内に挙式をするカップルに対して最大100万円以上の割引特典が付く「ハナユメ割」というサービスを受けられます。半年以内に結婚式を挙げようと考えていてもブライダルフェアへは参加してくださいね。

ブライダルフェアを予約しやすい時期

ブライダルフェアを予約しやすい時期はゴールデンウィークやお盆、年末年始などの大型連休や長期休暇が取れる時期です。長期休暇を利用して両親へ結婚報告をするカップルが多かったり旅行へ行ってしまったりと、ブライダルフェアを予約する人は少ないのです。
また、ブライダルフェアの繁忙期は、1月中旬から2月と8月のお盆明けあたりが最もピークと言われています。なぜなら、年始の挨拶を兼ねて年末年始に結婚報告するカップルや親族が集まりやすいお盆を利用して結婚報告するカップルが多いからです。そのため、大型連休の時期を狙ってブライダルフェアを予約すると、すんなり予約することができるでしょう。

繁忙期にブライダルフェアへ参加するメリットデメリット

結婚式場の繁忙期に結婚式を挙げたいと考えているなら、あえて繁忙期にブライダルフェアへ参加するのもありです。ここでは、繁忙期にブライダルフェアへ参加するメリットとデメリットを紹介します。

繁忙期のフェア参加のメリット

結婚式場の繁忙期は、気温もちょうどよく過ごしやすくて絶好のブライダルフェア日和です。ブライダルフェアも気持ちよく参加することができます。また、繁忙期に結婚式を挙げたいと考えている場合は、あえてこの時期に参加すると、実際の結婚式のイメージを掴みやすくなります。繁忙期であっても、立地やエリアによって気候が異なったりするのでイメージと違う可能性もあるので、1年後の結婚式を見据えて参加するのもありです。

繁忙期のフェア参加のデメリット

結婚式場の繁忙期にブライダルフェアへ参加すると、実際に結婚式を挙げるカップルの対応などで熟練や人気があるプランナーが少なくなる場合が多いです。多くの会場が結婚式を開催しているのと同時に空いている会場で模擬披露宴などを開催します。そのため、結婚式が重なる時期だと凄腕プランナーが空いていないケースが多いです。そのため提案力が高いウェディングプランが出てくる可能性が低くなるかもしれません。とはいえ、一概にそうかといわれると結婚式場によって異なるのでデメリットを受ける可能性がある程度に認識しておくと良いでしょう。

ブライダルフェアの予約なら、商品券プレゼントキャンペーン開催中のサイトがオススメ!

ブライダルフェアの商品券特典キャンペーンについて、各社キャンペーンの最新情報とお得に商品券を貰う方法などを紹介しています。本当にお得な情報と商品券をGETしたいなら今すぐチェック!

まとめ

いかがだったでしょうか。結婚式場の繁忙期とブライダルフェア参加のベストタイミングや予約しやすい時期について紹介しました。結婚式場が忙しい時期に参加するデメリットは存在しますが、彼氏からプロポーズを受けてトントン拍子で物事を進めるにはデメリットを上回るメリットがあると思います。ぜひ、彼氏と理想の結婚式を相談してイメージを近づけながらブライダルフェアに参加しましょう。多くの結婚式場はブライダルフェア当日に適用されるお得な成約特典が用意されています。とても魅力的に見えますが、いくつもの会場を比較したいと思っているなら一番本命の式場を最後にしましょう。

第一印象でいくつかの式場をピックアップしていると思いますが、それを上回る式場を見つけ出すことはとても難しいです。最初に良いと思った式場を最低でも3つピックアップして比較検討すると良いでしょう。ブライダルフェアに参加する前に10会場ぐらいピックアップして実際にフェアに参加する会場を絞るのも効率的な手段ですよ♡
ブライダルフェア予約・結婚式場検索サイト5社比較一覧表を紹介しています。今すぐチェックしましょう!