今さら聞けない!結婚式の和装の種類とは

花嫁さんが結婚式で着る和装ってどんな種類があるの?

結婚式の準備には、式場の選定やゲストへの案内状、お花選び、挙式スタイル、結婚指輪など決めなければならないことがたくさん。スケジュールを組んで賢くひとつひとつ決めていく必要があります。決めなければならないことの一つに結婚式できる衣装がありますよね。衣装によって結婚式の印象・雰囲気がガラッと変わるため、女性ならなおさらこだわって決めたいところ。日本ならではの伝統的な和装にするか、現代的なウェディングドレスにするかも迷ってしまいますよね。ここでは結婚式の衣装の中でも和装にフォーカスして紹介します。

和装とウェディングドレス

純白なイメージをもつウェディングドレスは女性にとって憧れでもあり絶対1度は着たいと思う衣装です。ブライダルフェアで確認しよう!ウェディングドレスの種類と選び方の記事で紹介していますが、ウェディングドレスは一言で言っても様々な形がありどの形も特徴的で魅力があります。教会や大聖堂などでの挙式にはとっても映えますよね。
現在はウェディングドレス以外に和装もかなり人気が出てきており、種類や形も豊富になってきています。神社での挙式をする場合はとてもオススメの衣装です。また挙式ではウェディングドレスを着て、お色直しや披露宴のときに和装を着るというパターンの方も多いです。

結婚式で着る和装の種類

花嫁が結婚式できる和装の種類を紹介します。

白無垢

けがれがなく清らかなココロと身体を表す純潔のイメージを感じさせる白無垢は、昔ながらの伝統的な和装です。下着から小物まですべて白で統一し、「嫁ぐ先の色に染まる」という意味を持っています。挙式には角隠し(つのかくし)か綿帽子(わたぼうし)をかぶります。

色打掛(いろうちかけ)

白無垢以外の打掛が色打掛と呼ばれており、色や柄が鮮やかで日本古来の美が表現されています。白無垢に比べるとかなり色鮮やかに作られています。赤を基調とした柄のものが定番で水色、ピンク、緑などを基調とした和装です。

引き振袖

裾を引くように長めに作られており、袖を引く姿が美しく女性らしい雰囲気を与えてくれます。挙式だけでなく披露宴でも着ることができ、髪型も今風に自由にアレンジしても似合います。

着物ドレス

着物用の織物を用いて作られたものが着物ドレスです。一部分だけ着物である場合や、全面が着物で作られている場合など様々です。最も個性を出すことができるドレスで、和風なイメージをもちつつも現代的な洋風のイメージももてるので挙式場が教会やチャペルであっても披露宴会場でも存在感を与えてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は花嫁さんが結婚式で着る和装の種類について紹介しました。せっかくの結婚式なので旦那さんとともに納得して衣装を選びたいですよね。ぜひ参考にしてみてください!