結婚式の日取りの決め方!安く結婚式を挙げるならどうする?

結婚式の日取りは?希望日と希望時間の決め方

結婚式場を決めるにあたって、会場の雰囲気や立地、予算とともに重視すべきポイントとなるのが「日取り」です。何となく「土日祝日が良いな」「平日の方が良いな」と考えている人も多いと思います。しかし、結婚にふさわしい縁起の良い日を選んだり遠方から来る人が多いカップルや近場の人だけを呼ぶカップルなど招待するゲストの方たちによって曜日や時間帯を選んだりする必要があります。では、結婚式の日取りはどのようにして選んだら良いのでしょうか?そこで今回は希望日と希望時間の決め方や、安く結婚式を挙げる場合の日取りの決め方について紹介します。

結婚式の日取りの決め方

結婚式の日取りを決めるためには、ただ単に都合の良い日や時間を選ぶのではなく、縁起の良い日やゲストがきやすい日など様々な点で考える必要があります。ここでは基本的な結婚式の日取りの決め方を紹介します。

六輝を中心に決める

結婚式の日取りを決める際に、多くの方が気にするのが暦注の一つである六輝(ろっき)・六曜(ろくよう)と呼ばれるものです。先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口の6種類があり、結婚式の場合大安、友引、先勝が良い日とされています。六輝はそれぞれ意味合いが全く異なるので、本人たちは全く気にしなくても両家の親御さんたちは気にするというパターンも多く、自分たちで決めるのではなく親に相談して決める必要がある場合もあるので一度相談してみるといいでしょう。

  • 先勝(さきがち・先勝)……「先んずれば勝つ」という意味で、物事を急ぐときに良い日とされています。午後よりも午前中が吉です。
  • 友引(ともびき)……「友を引く」という意味で、婚礼にとっては大安の次に良い日とされています。
  • 先負(さきまけ・せんぷ)……先勝の逆の意味を持ち、何事も急ぐのは良くないという日なのであまり婚礼には向いていません。
  • 仏滅(ぶつめつ)……何事にとってもあまり良くない日で、結婚にとっては最も不向きの日です。ただし、仏滅を選ぶと割引があったりお得な特典がついてくる式場も多く、あまり気にしないカップルならおすすめです。
  • 大安(たいあん・だいあん)……何事にも良い日で結婚式で最も人気の日です。すぐに埋まってしまうので早めに抑えておく必要があります。
  • 赤口(しゃっこう)……あまり良い日とされていませんが、午前11時から午後1時までの間は吉とされています。

六輝を気にして日取りを決めるのであれば、まずは六輝から決めましょう。ただ、現在はあまり六輝を気にする人も少なく、いい日とされていない仏滅や赤口、先負などでも結婚式を挙げている人も多くなってきています。もし六気を気にせずに日取りを決める場合は、次で紹介する曜日や予算で決めるといいでしょう。

曜日や時間帯を中心に決める

多くのゲストを呼ぶ場合や遠方からのゲストが多い場合は、曜日や時間帯を気にして日取りを決めることをおすすめします。多くのゲストに参加してもらいたいならもちろん、土日祝日に決めるのがベストです。ただし、それだけではなく、時間帯が実は重要なポイントとなります。
例えば、遠方からのゲストが多い場合、次の日が休みである土曜日を選ぶか前日が休みの日曜日を選ぶかで選ぶべきの時間帯が異なります。土曜日にすると前日が仕事の場合が多いので朝の結婚式にするよりは昼からや夕方からのゆっくりできる時間帯を選んだほうが遠方のゲストにとっては嬉しいです。結婚式の日は近くのホテルに泊まって次の日ゆっくりすることもできます。日曜日にすると前泊してもらって朝から結婚式にすると早めに終わるので時間に余裕を持って帰宅してもらえます。逆に、遠方からゲストがいない場合は曜日や時間帯にこだわらずに決めてもいいでしょう。また結婚式と2次会の待ち時間を少なくしたい場合は夕方の時間帯を選ぶといいです。

予算を中心に決める

結婚式の予算によっても日取りの決め方が違ってきます。一般的に、六輝や曜日、時間帯、時期などによって同じ式場で同じような結婚式をしたとしても金額が全く異なります。人気の日、人気の時期に結婚式を挙げた場合と比較的不人気な日に挙げた場合では100万円以上違うこともあります。

項目 費用が高い 費用が安い
六輝 大安、先勝、友引 仏滅、先負、赤口
曜日 土(、日) 平日(、翌日平日の日祝日)
時間帯 14時〜などの午後開始 早朝、夕方
時期 3,4月、9,10月の過ごしやすい時期 ゴールデンウィーク、お盆などの大型連休の時期
7,8月の暑い時期や1,2月の寒い時期

予算に余裕がある方は費用が高くなりやすい日取りでも問題ないと思いますが、もし予算に余裕が無い方は安くなる日や時間帯を敢えて選んで、出来るだけ安くなるような日取りで決めると良いでしょう。日曜日だと少し安くなったり、平日にすると平日割があったりしますよ。

最も人気の曜日は土曜日、人気の時間帯は午前と午後をまたぐ時間帯です。人気の時間帯はすでに埋まってしまっている可能性が高いのでブライダルフェアのときにしっかり聞いておきましょう。

安く結婚式を挙げるときの日取りの決め方

出来る限り安く結婚式を挙げたい場合は、上記の表の「費用が安い」日や時間帯を選ぶといいでしょう。費用を抑えられる日取りを選ぶなら、仏滅や先負や赤口を選びましょう。また、平日の早朝や夕方を選んだりゴールデンウィークなどの休みの時期を狙って日取りを決めるのも見積りを安くできます。ただし、このような日を選んでしまうとゲストの参加率が下がったり遠方のゲストが呼べなかったりするので、慎重に決めてくださいね。
日取りに妥協したくない方やもっと安く結婚式を挙げたい場合はハナユメを活用して結婚式場を決めるのがおすすめです!ハナユメでは、通常よりも最大100万円以上安くなるハナユメ割という割引サービスが付いており、ハナユメから式場を決めるとその割引を受けることができます。ハナユメの割引サービスを受けるならまずはハナユメから気になる結婚式場のブライダルフェアへ参加しましょう。

ハナユメで予約

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は結婚式の日取りの決め方について紹介しました。様々な日取りの決め方がありますが、いずれにせよお互いハッピーに結婚式を挙げられればOK。何となく決めるのではなく招待するゲストの属性や住んでいる場所、縁起の良い日などしっかり考えて決めてくださいね♪
ハナユメは当サイト経由で申し込むと特別タイアップキャンペーン中で条件クリアで全員もらえる50,000円の選べる電子マネーギフト券がゲットできます。あなたのために贈るハナユメだけのスペシャル特典です。こちらのリンクからのお申込みが対象です。

⇒⇒最大5万円の選べるギフト券をゲットするならこちらからキャンペーンにエントリーしましょう!