結婚指輪選びの基準!ダイヤモンドの品質を決める4つの要素

結婚指輪選びの基準!ダイヤモンドの品質を決める4つの要素

結婚指輪や婚約指輪といえばダイヤモンド。ダイヤモンドはどれも一緒だと思っていませんか?実はものによって品質が全く違います。ダイヤモンドの品質には、重さ(CARAT)、色(COLOR)、透明度(CLARITY)、カット(CUT)の4Cと呼ばれる4つの要素で決められます。

ダイヤモンドの品質を決める4つの要素

カラット(CARAT)

ダイヤモンドの重さの単位がカラット。1カラットが0.2gで、単位は「ct」で表されます。また、カラットは重さの単位ですが大きさの指標にもなります。0.1カラットが3mm、0.2カラットが3.7mmとなっておりカラットに応じで大きさも比例して大きくなります。ダイアモンドのカラットが大きければ大きいほど輝きが増して華やかで豪華な指輪になります。

カラー(COLOR)

色は無色透明から黄色みがかっていく微妙な差に応じてランクが付けられています。色がついていない無色透明なダイヤモンドが最も貴重で最高峰の品質とされており、結婚指輪や婚約指輪では無色透明のColorlessやほぼ無色のNear Colorlessが良く利用されています。カラーはD〜Zまでの23段階で評価されており、Dが最も無色透明でZが薄い黄色となっています。

クラリティ(CLARITY)

透明度はダイヤモンドが結晶になる過程で取り込んだ内包物の有無や状態によって決定され、11段階で評価されます。FL(Flawless)とIF(Internally Flawless)が10倍の拡大で発見できる程度の内包物も含まれない透明度の高い状態。VVS1(Very Very SlightyIncluded)とVVS2が10倍の拡大で発見が困難な内包物を含む状態、VS1・VS2が10倍の拡大で発見がやや困難な内包物を含む状態、SI1・SI2が10倍の拡大で発見できる程度の内包物を含む状態、I1・I2・I3が肉眼で容易に発見できる内包物を含む状態でわけられています。

カット(CUT)

ダイヤモンドの輝きを生む要素としてもっとも重要なのがカットです。カットはカラットやカラー、クラリティのようなダイヤモンドの性質による質ではなくニンゲンの手が加えられることによって質が変わってくる最も繊細な要素です。カットの総合評価のプロモーション、研磨状態のポリッシュ、左右対称性のシンメトリーの3つの項目で評価されます。評価は「EXCELLENT」「VERY GOOD」「GOOD」「FAIR」「POOR」の5段階にランク付けされます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はダイヤモンドの品質を決める4つの要素(4C)について紹介しました。ダイヤモンドの品質にはこれらの要素が関わっており、質のいいものになればなるほど金額が高くなってきます。ただ、一生モノなので出来るだけ質の良いダイヤモンドを買っておくべきです。高品質で安い結婚指輪・婚約指輪を買うための3つのコツで紹介していますが、質がよく安い指輪を購入する方法があるのでぜひ参考にして賢く婚約指輪や結婚指輪を購入してくださいね!