ブライダルフェアに冷やかしで参加しても大丈夫?

ブライダルフェア荒らしになっていない?参加する意味とは?

ブライダルフェアに冷やかし感覚で参加した場合、式場から断られることはあるのでしょうか。そもそもブライダルフェアは結婚を控えるカップルだったら誰でも参加ができる無料イベントで、カップルだけでなく友人や両親と参加するのは問題ありません。また、数年後に結婚を控えるカップルがデート感覚でブライダルフェアに参加するのも長期的な視点で見ると良い行動といえます。一方で結婚予定のないカップルがブライダルフェアへ参加しても大丈夫なのでしょうか?

ブライダルフェアの冷やかしはNG?

本来ブライダルフェアは結婚を控えるカップルのために開催しているウェディングイベントで、結婚式場を検討する際に活用するものです。一方で、現時点で結婚の意志がないカップルは参加してはいけないということはありません。結婚予定がなくても将来の結婚式のための勉強として参加しても問題ありません。ブライダルフェアに参加すれば、きらびやかな挙式・披露宴での演出体験もでき無料試食会で豪華な披露宴料理の試食することができ結婚式のイメージも付きやすいです。「将来のために結婚式場をいくつか見ておきたい!」という場合ならデート感覚で楽しく参加することができます。
ただし、将来の結婚のためではなく、無料試食や来館特典等のブライダルフェア特典が欲しいだけの参加や暇つぶしのための冷やかし参加は止めましょう。自身の時間を無駄にすることにもつながりますのでデメリットが大きいです。

既にいくつかのブライダルフェアを回って結婚式場を決めて成約後に冷やかしで参加するのも、既婚者がデート気分で参加するのも荒らし行為と見なされてしまいます。ブライダルフェアの招かざる客にならないように注意が必要です。
両親とマイナビウエディングのブライダルフェアに参加できるのかについて紹介しています。両親とブライダルフェアへ参加しようと考えている方は今すぐチェック!

ブライダルフェアに参加する意味

ブライダルフェアに参加する意味はたくさんあります。もっとも重要なポイントは、「二人の一生の思い出に残るステキな結婚式を挙げること」ではないでしょうか。二人の思い出に残るステキな結婚式を挙げることが達成できれば、どのような参加方法でも構わないと思います。重要なことは、候補に挙がっている式場で満足した結婚式を開催することができるかです。当然、ブライダルフェアに参加する意味を「ゲストや両親への恩返し」で120%満足してもらう点にフォーカスするのもひとつの価値観だと思います。

極端な例ですが、Youtube、Periscope、ニコニコ動画などを使用して結婚式をライブストリーミングで生配信することに重点を置くなら、それを実現できる式場が重要となります。もっとも重視することを2人で決めましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。成約後のカップルが冷やかしで参加したり、既婚者同士で参加することはブライダルフェア荒らしに直結してしまいます。冷やかしや自分たちの欲求を満たすために参加しても後ろめたい気持ちが先行して、あまり楽しめないと思います。ここで紹介した情報を参考にして色々な式場が開催しているブライダルフェアを回ってみてください!

レストランウェディングのメリットとデメリットについて紹介しています。今すぐチェックしましょう!