結婚式費用で発生する代表的な諸経費の内訳まとめ

結婚式費用で発生する代表的な諸経費の内訳まとめ♪

ブライダルフェアで一生の思い出として記憶と記録に残す重要なウェイトを占める結婚式場と披露宴会場、一般的に同じ施設内で2つの大切なイベントを行います。人生の中でも大きな出費を覚悟しなければならないイベントで、出費を惜しまずにできるだけ盛大に挙げたいと考えるカップルや両親が多いと思います。とはいえ、できるだけ出費を抑えたいのも事実です。ここでは、多くのカップルが重視しがちな結婚式場費用とは別に発生する代表的な諸経費の内訳などを紹介します。これらの費用は式場費用と比較すると5分の1程度となりますが、ふだんの生活の出費と比較すると大きいです。一緒に勉強していきましょう。

結婚式の諸経費

結婚式の諸経費はたくさんあります。費用の感じ方は収入や生活環境によって千差万別ですが、事前に理解しておくことでブライダルフェアで複数会場を回る時に限りなく同じ条件で見積りを比較できます。

新郎新婦の衣装

ウェディングドレスやタキシードは会場でレンタルするのが一般的で、式場が提携しているレンタル衣装会社などにより見積りが変動します。一般的に女性のウェディングドレスが20万円から40万円、男性のタキシードが8万円〜20万円程度です。こだわればこだわるほど費用が上がっていきます。ご注意ください。また、ブライダルフェアの前にウェディングドレスの相場を知ろうという記事で紹介していますが、ウェディングドレスのデザインや人気度によってもレンタル費用は異なってきます。支度・引き上げ料も3万円程度します。

衣装保管料も発生する式場は多いです。新郎新婦で5万円程度するケースもあります。新郎衣装の保管料のほうが安いです。

家族写真・スナップ写真

専属のフォトグラファーが来て家族写真・スナップ写真を取る時にもお金がかかります。こちらは高額で実力が高いフォトグラファーに依頼して、各種スナップ写真・家族写真を撮影するだけで20万円程度かかるケースもあります。

結婚式の試食会完全マニュアルを紹介しています。ブライダルフェアの試食会で気になる点がある方は今すぐチェックしましょう!

スタイリング・メイク

新郎新婦のスタイリング、新婦のボディメイクなどで3万円から10万円程度の費用が発生します。

控室や両家の両親の衣装

親族や身内用の控室を用意すると費用がかさみます。家族用の控室レベルで3万円程度の出費がかさむ会場が多いです。また、両親の衣装も手配すると費用が発生します。タキシードとドレスで5万円程度を見ておくと良いでしょう。こちらも式場によって大きく変動します。

結婚式場、披露宴、演出以外の費用で多く見積もって50万円程度となります。全体から比較すると10%〜20%程度の費用構成となりますが、なるべく無駄な費用はカットするべきだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。結婚式費用で発生する代表的な諸経費の内訳をまとめて紹介しました。結婚式を大成功させて最高の思い出にできるように計画しましょう。ここで紹介した情報を参考にしてまずは、当サイトでおすすめしているサイトでブライダルフェアを予約して参加してみましょう!

2人の理想の結婚式を挙げるためにもっとも重要なのが結婚式場です。頭では分かっているけど初めてのことだから選び方のコツやポイントが分からない…...