結婚式の挙式スタイルと披露宴スタイルの種類

ブライダルフェア前に理解したい挙式スタイルとパーティスタイルまとめ

結婚式の挙式スタイルと披露宴スタイルの種類についてまとめて紹介します。これを事前に理解しておくとブライダルフェアを回る時の効率が上がります。ぜひ理解してから結婚式場を探してくださいね。

4つの挙式スタイル

挙式スタイルは4つあります。

キリスト教式

キリスト教の教義に基いて行われる最も人気の高い挙式スタイル。純白のドレスでバージンロードをお父さんと歩き、聖歌隊やオルガンの音色に包まれて牧師もしくは神父の前で愛を誓うセレモニースタイル。親族だけでなく会社の同僚や友人なども参列できるため多くの人に祝福してもらえます。大聖堂や教会、ホテル併設の独立型チェペルでも挙げることができます。

キリスト教徒でないカップルなら基本的にプロテスタント式で執り行います。白のバージンロード・牧師で進行します。キリスト教ではもうひとつカトリック式があり、この宗派で執り行う場合は赤もしくは緑のバージンロード・神父で進行します。キリスト教式でも2種類あるので注意しておきましょう!

神前式

神社やホテルの神殿で結婚を報告する日本の伝統的な挙式スタイル。同じ杯で契をかわし夫婦となることを神様の前で誓う。神前式はリハーサル回数が多くなりがちで決まり事も多く自由度が低いのが特徴となっています。近年では、海外の方からも人気がある挙式スタイルとなっており海外から日本を訪れて神社で神前式スタイルで挙式を挙げるケースも増加傾向にあります。

人前式

牧師や神父を介することなく、結婚式ゲストに参加した両親や親友などの前で二人の永遠の愛を誓うスタイル。式次第や誓いの言葉は2人で決めるのが一般的となっており、自分たちとゲストで段取りをコントロールできるためオリジナリティを発揮することが可能となっています。かしこまった雰囲気の中やるよりも、もっとカジュアルに自由に挙式を挙げたいなら人前式がおすすめです。年々、人前式を行うカップルが増えています。

人前式にするとほぼすべてをカスタマイズすることができるので、キリスト教式よりも費用を抑えられることもあります。

仏前式

ふたりの結婚を前世からの縁ととらえて出会いを仏様と前世に感謝して行う挙式スタイル。来世まで2人で寄り添い向き合いながら生涯を共にすることを仏教の教えに基いて誓い合う特徴があります。こちらも2人だけのオリジナリティを追求した演出は難しいです。

ブライダルフェアの模擬挙式に参加した時のチェックポイントをまとめて紹介しています。今すぐチェックしましょう!

4つの披露宴スタイル

披露宴スタイルも4つあります。

披露宴

両家の親族、友人、会社の上司・同僚が一同に集まって行う一般的な祝宴。生涯を共にすることを誓った2人のお披露目と今後のお付き合いをお願いする場としての意味も持つ。模擬披露宴つきのブライダルフェアでは、披露宴の雰囲気や提供される料理の質やスタッフの接客スキルをチェックするのが一般的です。披露宴会場で実施できる演出の種類などの確認も忘れないように。ゲストを飽きさせない演出を盛り込むことが重要となります。もっとも一般的なパーティースタイルで新郎新婦側は、ゲストを食事と引き出物・演出でもてなし、ゲストは新郎新婦側に祝福の気持ちとしてご祝儀を渡します。

ブライダルフェアの模擬披露宴に参加した時に確認する5つのポイントを詳細な内容と共に紹介しています。今すぐチェック!

会費制パーティー

ご祝儀をもらわずに会費制で行われるカジュアルなパーティー。盛大なお祝いをするカップルなら披露宴とは別に仲の良い友人や恩師を招いて行うケースもあります。

2部制の披露宴

同じ会場で2回に分けて披露宴を行うスタイル。長時間にわたり披露宴を会場を抑えることになるので費用負担が多くなりがちです。1部は親族や会社の同僚・上司、2部は気心の知れた友人と賑やかにパーティー形式で行うことも可能となっております。それぞれのゲストに合わせた披露宴を開催できるのが一番のメリットといえます。

1.5次会

披露宴ほどフォーマルなスタイルではなく、2次会より少しフォーマルな感じで行うスタイルの披露宴。2部制の後半を1.5次会形式でラフでオリジナリティ溢れるパーティーを開催するカップルが増えています。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェア参加前に知っておきたい挙式スタイルとパーティースタイルを紹介しました。挙式スタイルとパーティースタイルが結婚式費用を大きく左右するポイントとなります。事前に目星をある程度つけておくと良いでしょう。

ブライダルフェアへ参加するならこちらをチェック!

ランキングをチェック♪