初めてのブライダルフェアで注意すべきたったひとつのこと

初めてのブライダルフェアで注意すべきたったひとつのこと

初めてのブライダルフェアで注意すべきことは多くありません。結婚式場を急いで決めない、初めてブライダルフェアに参加して注意することはこれだけです。詳しく紹介していきますので一緒に勉強しましょう!

初心者が陥りがちな3つのこと

気分が高揚してその場で契約してしまう

初めてブライダルフェアに参加すると模擬披露宴で美味しい料理を試食、模擬挙式で実際にバージンロードを歩いたり本番さながらの演出を体験できて気分が高揚しがちです。テンションが上がると盲目的になりやすく、デメリットな部分があったとしてもメリットな部分だけしか見えなくなります。さらに式場側からブライダルフェア参加当日に成約するとかなりお得になる特別な特典を提示されるので「今すぐ式場を決めたい、決めないともったいない」という気持ちになってしまいます。結婚式まで待ったなし!スピード婚なら仮予約をフル活用!という記事で紹介していますが、複数の式場をチェックした方が良いのでスピード婚でないなら、仮予約に留めておくようにしましょう!

ただし、注意すべきは仮予約のキャンセル料。基本的に仮予約に5万円〜20万円程かかり、キャンセル料はその半額になります。何箇所も仮予約すると金額がバカにならないので本当に気に入った式場にだけ仮予約をするようにしましょう!仮予約にかかる金額は式場によって異なるためプランナーに確認するようにしましょう!

この式場以外ダメだと思い込んでしまう

とても華やかな模擬挙式を見て気分が高まりすぎて「絶対にこの式場で結婚式をやりたい」と思い込んでしまう。この状態になると注意が必要です。結婚式場は演出や式場だけでなく、ゲストが参加しやすいアクセスなのか、自分達が想定している規模の結婚式を挙げられるかなど、様々なことを考慮する必要があります。この式場以外ダメだと思い込んでしまうとマイナスな面が見れなくなってしまうため、契約後に後々考えると失敗したと後悔するケースが多々あります。

他の式場も見ることにより冷静な視点で良い側面も悪い側面も比較することができます。

両親への報告が済んでいないのに決めてしまう

両親への報告が済んでいないのにブライダルフェアに参加して式場を決めてしまい、意気揚々と両親に報告したらもっと豪華な式場を選ぶように言われた。このような可能性もゼロではありません。急いで式場を決めるリスクはとても多いです。両家への挨拶を済ませてからブライダルフェアを予約しましょう。

結婚が決まったらまず両家に挨拶するのが基本!大まかな流れの確認はこちらです。

報告・新生活準備において6ヶ月前から結婚式当日までのスケジュールを紹介しています。結婚式当日までのスケジュールがイメージつかない方はぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか。日本全国の結婚式場がブライダルフェアという形で会場を検討しているカップルに門戸を開いています。就活のように様々な式場を比較検討できるチャンスはブライダルフェアだけです。初めてブライダルフェアに参加して注意すべきことは、急いで式場を決めないことです。ただし、昔から憧れの式場がある場合は別です。複数の式場を比較できる仕組みがあるので有効活用して、人生で一度の最高のイベントを楽しみましょう!

ブライダルフェア予約は店舗とネットどっちが優れているのでしょうか。それぞれに良い点悪い点があります。今すぐチェック!