ブライダルフェアのドレス試着会で気をつけるべき5つのポイント

ブライダルフェアの試着会で気をつけるべき5つのポイント

ブライダルフェアの大きな目玉のひとつにウェディングドレス・和装結婚式用の和服の試着会があります。女子にとって無料試食会と同じぐらいテンションが上がるブライダルフェアの楽しみのひとつだと思います。遠く離れた両親にウェディングドレスを来た写真を送るだけでも親孝行になります。ここでは、ブライダルフェアのドレス試着会で気をつけるべき5つのポイントを紹介します。

試着会の5つのポイント

試着会が開催されているか確認する

ウェディングドレス試着会は模擬披露宴模擬挙式無料試食会に比べると開催していない式場が多いです。少人数制のブライダルフェアだったら対応してくれるケースが多いです。どうせだったらブライダルフェアで一気に体験できたほうが手間がかからないので良いです。フェアを予約する前に内容確認を忘れずに!

ウェディングドレスの見学会はブライダルフェアで用意されていることが多いです。実際に試着して写真撮影すると気分も盛り上がりますよ! 試着会ありのフェアを予約しましょう。

着替えやすい服装で参加する

ブライダルフェアに行くときどんな服装で行けばいいの?という記事でブライダルフェアはプチフォーマルな服装をおすすめしていますが、ウェディングドレスの試着がある時は少し工夫して「脱ぎやすい靴」と「脱ぎやすいワンピース」などがおすすめです。髪型も気をつけておいたほうが良いでしょう。髪をヘアアイロンで巻いたり、ポニーテールなど簡単に結ったりするのは全く問題ありませんが、派手な飾りをつけたりボリュームのあるヘアアレンジで行くと、試着しにくかったりせっかくセットした髪が崩れる可能性があります。

ウェディングドレス試着のもっとも大きな目的は、自分に合うデザインを見つけることにあります。自分に合うデザインを見つけることでより正確な見積りを算出することができます。ブライダルフェアの前にウェディングドレスの相場を知ろうという記事で紹介していますが、ウェディングドレスのレンタル料金は一律ではありません。

スマホで写真撮影も念入りに

正面の全身、後ろ姿の全身、左右の顔を正面にした全身、バストアップの正面写真をしっかり撮影しておきましょう! その場で自分に合うデザインを見つけることができるのがベストですが、後で気になるウェディングドレスから選定するケースも往々にしてあります。その時のために写真に収めておきましょう。また、仲良しの友人、SNS、両親に送る用の写真も撮っておくとベストです。

男性用タキシードを試着できる会場も多いです。二人でドレスを試着して記念撮影するとより結婚への意識が高くなると思います。

サイズも確認しておきましょう

ウェディングドレスは、デザインによってサイズが異なります。もし、試着して気に入ったウェディングドレスがもっとも大きいサイズだった場合、それ以上体重を増やすとせっかく気に入ったドレスを着ることができなくなります。気に入ったドレスが対応しているサイズを事前にチェックしておきましょう!

ウェディングドレスの持ち込み可否を確認

できれば会場経由でレンタルが手軽ですが、ウェディングドレスに強いこだわりがあって試着した中で気に入るのがない場合は、ウェディングドレス専門店でオリジナルドレスを作ることも視野に入れる女性が多いです。ホテルウェディングなどの場合、ドレスの持ち込みに追加費用がかかったり、不可なケースがあります。プランナーに相談しましょう!

ウェディングドレスの相場についてはこちらの記事をチェック!

ウェディングドレスの相場と購入パターンについて紹介しています。ウェディングドレスを購入しようと考えている方は今すぐチェックしましょう!

和服の試着もできるの?

和装結婚式場で和服の試着会を開催するケースも多いです。ウェディングドレス同様、和服も試着ができます。ただし、着付けなどを行ってくれるワケではありません。白無垢を洋服の上から羽織るケースが多いです。和服を試着する時は、キャミソールなどを下に来ておくと試着した時のイメージ確認が簡単になりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアの試着会で気をつけるべきポイントをまとめて紹介しました。ここで紹介した情報がブライダルフェア参加前の参考になれば幸いです。ブライダルフェアは、結婚式を控えるカップルだったら誰でも気軽に参加できます。都内に住んでいるならもっともお得な特典をGETできる「マイナビウェディング」でブライダルフェアを予約するのもおすすめですよ♡

マイナビウエディングで予約