購入前に知っておくべき男女の結婚指輪の平均サイズとは

結婚指輪の購入前に知っておくべき指輪の平均サイズ

男女の結婚指輪の平均サイズは何号かご存じですか?相手のサイズを知らないという方も多いのではないでしょうか。指輪を購入するときに、デザインや素材、価格などももちろん重要ですが、正しいサイズを購入することも非常に重要です。購入する前に指輪の平均的なサイズを知っておくと、お店でスムーズに購入することができます。ここでは購入前に知っておくべき男女の結婚指輪の平均サイズについて紹介します。
結婚指輪を準備する時期はいつごろがベストなのでしょうか?気になる方はこちらの記事をチェック!

結婚指輪の準備時期。誰もが初めての経験となり先輩花嫁や職場の上司に確認すると思います。しかし、下手に先輩花嫁や職場の上司に相談すると良かれと...

女性の指輪の平均サイズ

女性の指輪の平均サイズ
女性の指輪のサイズの平均は7〜9号となっています。身長や体型などによっても差は出てきますが、大抵の女性は7〜9号あたりのサイズであると考えておきましょう。指輪のサイズはその日の体調や時間帯、季節によっても大きく変動します。たとえばお酒を飲んだ次の日や夏、朝起きた後などは手がむくんでいることが多く、サイズを測るならおすすめしません。測るとしたら、朝以外の時間帯でむくみのないタイミングで測定しましょう。自分で測るのが面倒な場合はお店に行ってサイズを測ってもらうのもありですよ。

男性の指輪の平均サイズ

男性の指輪のサイズの平均は16〜18号となっています。しかし、女性と同様男性も身長や体型によって大きく差が出てきます。男性の場合はむくみなどの心配は殆どありませんので、朝以外の時間帯であればあまり気にせずサイズを測定して大丈夫です。

失敗しない指輪サイズの選び方

失敗しない指輪サイズの選び方
上記でも書いていますが、女性ならむくみのないタイミングで指輪のサイズを測るのがベストです。正しいサイズがわかると実際にそのサイズの指輪を左手薬指にはめて確かめましょう。デザインや素材によっては同じサイズでもピッタリのものや少しきつかったり緩かったりするものもあるので付けてみることがサイズで一番の失敗しないポイントです。また、一般的に1号ずつのサイズで作られているものが多いですが、商品によっては0.5号ごとや0.25号ごとに作られているもののあるので、ピッタリのサイズがなければ細かいサイズで作られている商品を選ぶと良いでしょう。それでも合わないという場合は、オーダーメイドで作るのがおすすめですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は購入前に知っておくべき男女の結婚指輪の平均サイズについて紹介しました。指輪購入の失敗理由として多いのがサイズの間違いというほどサイズは指輪を購入する際に確認すべき大切なポイントです。だからこそ購入前に平均サイズを知っておくことが大切。サイズを知ったら早速ショップに来店予約をして指輪を選びに行きましょう。来店予約はゼクシィがおすすめです。今すぐチェック♪

来店予約する