結婚指輪は結婚式終了後に着けるの?売ってもいいの?

結婚指輪は結婚式終了後に着けるの?売ってもいいの?

先日、社会人になりたての新卒男性社員と飲む機会がありました。話の中で結婚に話しになりました。その時に『結婚指輪は結婚式終了後に着けるんですか?』という質問がありました。あー、そういうことも知らないのかと思ったのですが、よく考えてみると結婚を意識しない年齢だと、それも当たり前なのかなと思いました。若い男性だとまだまだ結婚に興味はないでしょうし、ましてや婚約指輪やら結婚指輪が何なのか、わからないのも仕方ないですよね。こんな経験をしてからは、世の男性は結婚指輪を結婚式後つけるものなのか、つけないものなのか、あるいは売ってもいいものなのかわからない人も多いのではないかと思いました。そこで今回はそんな男性のために結婚指輪の結婚式後の扱い方についてご紹介します。

結婚指輪は結婚式後一生つけ続けるもの

知らないと恥ずかしい!婚約指輪と結婚指輪の違いとはの記事でもご紹介しましたが、結婚指輪はこれから2人夫婦として支えあって生きていくという象徴としてつけるものです。そのため、一般的には普段の日常生活では常につけておくものです。体質上の理由や仕事上の理由、好みの違いによってはつけない夫婦もいますので絶対ではありませんが、いつも肌身離さず夫婦である証としてつけている夫婦が多いです。毎日つけるものなのでどんな服でも主張しないシンプルなデザインが好まれています。まだ結婚指輪を購入していないのなら、派手なデザインではなくインプルなデザインを選び、一生つけ続けるものだと認識しておきましょう。

婚約指輪の場合は逆で、結婚式後はつけない方も多いです。そのため、派手なデザインのものを選ぶのが一般的となっています。

結婚指輪は売るものではない

結婚指輪は上記のように一生つけ続けるもので、売るものではありません。売るという行為は夫婦である証がなくなることと一緒です。そのためつけたくないのであればどこか引き出しの中に大切にしまっておくなどして、しっかり保管しておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は結婚指輪の結婚式後の扱い方について紹介しました。女性のように結婚に強いこだわりのない男性や今回のように結婚がまだ先の若い男性にとってあまり結婚指輪の扱い方について知らなくても仕方ありません。ただ、女性にとっては一生に一度の大切な指輪。相手の女性と喧嘩にならないためにも、しっかり知って置かなければならないポイントです。新卒男性社員にもしっかり説明しましたが、結婚式終了後は結婚指輪は毎日つけるものであって売るものではありませんよ!
指輪ならゼクシィで様々なショップが掲載しており、ネットで来店予約をすると非常にお得な特典もついてきます。今すぐチェックしてお得に指輪を購入しましょう♪

来店予約する