知らないと恥ずかしい!婚約指輪と結婚指輪の違いとは

今さら聞けない!?婚約指輪と結婚指輪の違いとは

婚約指輪と結婚指輪の違いをしっかり理解していますか?女性だったらほぼ9割以上の方が2つの指輪の違いを理解していると思います。ここでは、最愛の彼女にプロポーズしようとしている男性のために婚約指輪と結婚指輪の違いを紹介します。ある意味常識的な知識なので社会で恥をかかないように覚えておきましょう!

婚約指輪とは?

プロポーズといえば、いつもと違った高級なレストランで男性が女性に結婚の申し込みをするイメージが思い浮かぶと思います。そのときにサプライズとして女性に渡す指輪が婚約指輪。つまり、エンゲージリングとも呼ばれる婚約指輪は男性が女性に結婚を約束するためにプレゼントする指輪のことです。必ず渡さなければならないというものではなく、あくまでも結婚の意志を伝えるものとして渡します。そのため、最近では婚約指輪をプレゼントしないというカップルも。しかし、女性にとっては一生に一度の指輪なので渡したほうが盛り上がりますし、喜ばれます。また、男性の強い意志を感じて「この人に付いて行こう!」と覚悟を決めるための大きな要素ともなるのが婚約指輪です。

結婚指輪とは?

結婚式の挙式中、神の前で愛を誓うときに新郎新婦がお互いの左手薬指につける指輪が結婚指輪です。マリッジリングとも呼ばれる結婚指輪は、一般的にプロポーズを受けて両家への挨拶を終了させ、ブライダルフェアと結婚式場の選定を終わらせた後に購入する指輪で夫婦でペアリングでつけます。2人で30万円前後が相場となっております。

ただし、こうしなければいけないというルールはありません。夫婦でもっとも良いと思う方法を決めましょう。

また、婚約指輪と結婚指輪の重ねづけをする方も増えてきています。2つの指輪をつけるので、従来であれば婚約指輪は派手でラグジュアリーな指輪が多いですが、重ねづけをすることを前提とした婚約指輪もシンプルなデザインを選ぶ男性が増えています。

婚約指輪と結婚指輪の違い

上記の内容をまとめると、2つの指輪の大きな違いは、指輪に込められた意味の違いです。婚約指輪は結婚したいという意志を相手に伝え、約束するという意味を持ち、結婚指輪は夫婦として2人で支え合いながら生きていく証としての意味を持ちます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。婚約指輪と結婚指輪について紹介しました。知らないと恥ずかしいですが案外知らない人も多いこの2つの指輪の違い。プロポーズの前に婚約指輪を、ブライダルフェアで結婚式場が決定して日程が決まってから結婚指輪を購入しましょう!指輪を探すなら来店予約がおすすめですよ♪ 来店予約をするとゆっくりと指輪を選ぶことができますし、お得なプレゼント(商品券などがもらえるお店もあります)をGETできる可能性もあります。複数のリングショップを比較して見るのが当たり前なので、気軽に来店予約をしちゃいましょう♡

来店予約する