ブライダルフェアの試食で量と味をチェックする方法

ブライダルフェアの試食で量と味をチェックするベストな方法

ブライダルフェアでもっともカップルから人気があるイベントに「試食会」があります。ブライダルフェア無料試食会で知っておくべき5つのパターンという記事で紹介していますが、試食会には様々な種類が存在します。ブライダルフェアの試食会で量と味をチェックするには色々考慮すべき点が存在します。

ブライダルフェアの試食で量と味をチェックするベストな方法

フルコース試食をできるフェアがおすすめ

会場によって異なりますが、数万円の価値があるフルコースを試食できるブライダルフェアは数多く存在します。このフェアに行くと有料のフルコース試食が無料で楽しめます。披露宴で提供される婚礼料理の量と味をチェックするならハーフコースやプチコースでなく、本来提供される量を食べることをおすすめします。ゲストと同じ環境で量や味を確認することで確実性が高い披露宴料理を提供できます。ただし、フルコース試食会を提供している結婚式場は多くありません。もし、希望する結婚式場がフルコース試食会を提供していないならプランナーに相談して有料で試すことができるか確認しましょう。披露宴料理にこだわりがあって、どうしても自分たちが一度食べないと納得が行かないならトライすべきです!

両親と一緒にブライダルフェアに参加

ブライダルフェアは老若男女が参加するイベントです。小さい子ども・高校生・20代の社会人・30代・40代〜70代の老若男女が参加します。そのため、より広範囲の好みを持つ男女が満足する食事を提供しなければいけません。カップルだけでブライダルフェアに参加して料理を試食すると20代〜30代の感性だけで決めることになってしまいます。しかし、両親世代を一緒に連れて行くことで40代〜50代の感性もミックスすることができます。さらに両親とブライダルフェアに行くメリットはもうひとつあります。それは、両親が娘達の結婚式にアドバイスできるチャンスを与えるので金銭的なサポートなどをより受けやすくなります。両親をしっかりと式場選びに巻き込むことでお金の相談もスムーズになります。

両親と一緒にブライダルフェアに参加することができるケースは少ないです。ブライダルフェアを申し込んだ後に事前に式場の担当者と確認しましょう!

会場の雰囲気や季節も考慮する

会場の雰囲気でも味は大きく変わります。また、料理を食べる季節によっても味付けは変わってきます。例えば、汗をかきやすい真夏は必然的に身体が塩分を欲しがります。そのため、披露宴で提供されるご飯も味を濃い目にするなどの工夫も必要なケースがあります。ブライダルフェアの試食で量と味をチェックするタイミングで季節によって味付けを変えたりするのかも確認しましょう。

高齢の方がいる場合は、あまり味付けが濃いと喜ばれません。とても難しい調整ですが、参加者の年齢層を踏まえて全参加者が満足できる料理を出せるようにプランナーと密な相談をしましょう! レストランウェディングだったら料理の味付けの調整などが可能なケースが多くなります。
レストランウェディングのメリットとデメリットについて紹介しています。今すぐチェックしましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか。ブライダルフェアの試食で量と味をチェックするベストな方法を紹介しました。両親のアドバイスを聞きながら、誰もが喜ぶ料理を提供できるようにしっかりとブライダルフェアでチェックしましょう。繰り返しますが、料理のクオリティは式の印象を左右する大切な要素のひとつですよ!

ランキングをチェック♪