結婚式まで待ったなし!スピード婚なら仮予約をフル活用!

結婚式まで待ったなし!スピード婚なら仮予約をフル活用!

結婚式まで待ったなしの状態でスピード婚をするなら結婚式場の仮予約をフル活用するのがもっとも得策です。ここでは、マタニティ婚や準備不足で結婚式まで待ったなしの状態になったカップルのために結婚式場の仮予約をフル活用したブライダルフェアの参加方法を紹介します。今すぐチェック! 結婚式まで待ったなしの状態で半年以内に結婚式を挙げるなら当サイトでおすすめしている「ハナユメ(旧称:すぐ婚navi)」でブライダルフェアを予約しましょう。お得な参加特典と成約特典をGETできますよ!

結婚式場の仮予約とは

結婚式場の仮予約とは

結婚式場の仮予約とは


結婚式場の仮予約は、言葉の通り式場を仮押さえ出来る仕組みとなっており多くの式場が仮予約に対応しています。気に入ったけど他の結婚式場も見てみたい場合や他の結婚式場を見回っている間に他のカップルに契約されないように結婚式を挙げる日取りをとりあえず押さえときたい場合に非常に便利な制度です。仮予約と聞くと「断るのに気を使いそう」、「キャンセル料がかかりそう」といったようなことを不安視する女性が多いです。しかし、多くの先輩カップルがやっている普通のことです。別に結婚式場からしても良くあることなのであまり気にしていません。気に入った式場であっても他の式場も見たいからといって仮予約せずにいると。もしやっぱり前の式場にしようと決めたときに日取りが埋まってしまっている可能性がありますよね。そんな場面を防ぐために仮予約を有効的に活用しましょう! カップルに人気の時期だと結婚式場を抑えるのだけでも一苦労です。早めの行動をおすすめします♡

キャンセル料は必ず発生する

多くのカップルがブライダルフェアに参加して仮予約をする時に気になるのが”仮予約をキャンセルする時の条件”です。仮予約のキャンセル料は必ず発生します。通常仮予約する場合は5〜20万円ほど料金がかかります。予約した場所で結婚式を挙げるのであれば、仮予約料は結婚式費用として使うことができます。しかし、キャンセルする場合は日取りから6ヶ月以上あるなら半額ほどお金が戻ってきますが、6ヶ月未満なら1円も戻ってきません。言うなれば保険をかけているようなものです。式場にとっても、仮予約がなければ他のカップルにその日取りで提案できたものを提案せずにキープしなければならないため、少し高額となっています。

キャンセルポリシーは各式場によって異なります。会場から提出される見積りと同時にキャンセルポリシーも確認した上で本契約に進みましょう!

断るのに気を使わなくても良い

式場側も様々な式場を比較しているのは重々承知しています。そのため、仮予約を断わるタイミングで申し訳ないという気持ちを持たなくても大丈夫です。ただし、断る理由が曖昧だと式場側も納得できずに理由を確認すると思います。理路整然と理由を説明しましょう。直感で「ここだ!」と思って盲目的に決めるのではなく、複数の式場を2人でじっくり比較検討したほうが、後悔なく進めることができます。結婚式は人生で一度限りのビッグイベントなので慎重になることも大切です。

仮予約するタイミングで複数式場のブライダルフェアに参加して比較する旨を伝えておくとベストです♪

仮予約をした会場に再訪問もあり

仮予約をした会場に再訪問もあり

仮予約をした会場に再訪問もあり


仮予約をしたのなら2人の間で何かしらのお気に入りポイントがあるはずです。同じ会場のブライダルフェアに2回行ってもいいの?という記事でも紹介していますが、同じ会場に再訪することは問題ありません。模擬挙式や披露宴を体験していないなら、再度ブライダルフェアに参加するのも問題ありません。

仮予約をキャンセルする時のおすすめ断り文句

仮予約をキャンセルする時のおすすめ断り文句

仮予約をキャンセルする時のおすすめ断り文句


式場を押さえることができないリスクを最小限にするためにブライダルフェアに参加した式場を仮予約した場合、必ずどこかの会場に決めるため他の会場にキャンセル連絡を入れることになります。そんな時に活用できるおすすめの断り文句を紹介します。

他の会場に一目惚れしてしまった

具体的に他の会場に天空式チャペルに一目惚れしたなど、その会場でなければいけない理由をしっかりと伝えましょう。

両親の意向で別の会場に決めないといけなくなった

世間体を気にして豪華な式場を押さえる両親も少なくありません。そのため、両親の意向で会場を決めることになった、というキャンセル理由は効果的と言えます。

予算の都合で他の会場に決める

このキャンセル文句は意外と効果的です。特に”本当はこの式場に決めたい時に使ってみるのもあり”です。予算オーバーで仕方なく第二候補の会場に決めようとしていても、もしかすると費用を値引いてくれて第一候補の式場で夢のような結婚式を挙げることができるかも知れません。このキャンセル理由は、断り文句で言ったつもりが本当に値引きされてしまう困ってしまうケースもあるので使い方には注意が必要です。
結婚式まで待ったなしの状態なら半年以内に結婚式を挙げるカップルに嬉しいブライダルフェア参加特典、式場成約特典がたくさん受け取れる「ハナユメ(旧称:すぐ婚navi)」で予約しましょう!

ハナユメで予約

まとめ

いかがだったでしょうか。急いで結婚式を決めたいけどブライダルフェアに参加してしっかり会場を吟味したいなら仮予約をフル活用しましょう!

レストランウェディングのメリットとデメリットについて紹介しています。今すぐチェックしましょう!